友だちの話♪ネタバレなし!それぞれの視点で描く友情物語♪

今回、ご紹介する漫画は、原作:河原和音先生、漫画:山川あいじ先生の友だちの話です。

友だちの話

主に描かれているのは、女同士の友情と男同士の友情。
そしてそこに恋愛が絡む事で、友情の均等が崩れる危うさです。

女と男での友情の価値観の違いなど、誰もが経験した事のある内容が、リアルに描かれています。

こちらの漫画は1巻で完結です。

友だちの話ってどんな漫画?

主人公は2人の女子高生。

1人は容姿端麗だけど、性格のきついもえ。もう1人は容姿は普通だけど、ものすごく性格の良い英子(えいこ)

正反対な性格の2人だけど、お互いをすごく大事にしています。

そんな2人を取り巻く環境や、彼氏彼女事情、本当の友達ってどういうものなのか、未成熟ながら自分とは何なのかと、手探りながら成長していく彼女達に想いを重ね合わせてしまう内容です。

友だちの話の感想は?読むとどうなる?

たった1巻で終わってしまうのですが、読み終わった瞬間からずっと心に残り続けます。

自分にも英子のような、もえのような友人はいるだろうか?
自分は誰かのもえや英子になれているだろうか?

友人という形を再度考えてしまいます

そしてこの漫画では、男の友情も描かれているのですが、この表現がまた素晴らしい!
女性側の目線ではわからない事を同時に描き出していて、男性の方がナイーブだけど真っ直ぐなんだなぁと感じる漫画です。

友だちの話のざっくりしたあらすじ

友だちの話

お人好しで、はっきりと自分の気持ちを人に伝えるのが苦手な英子。
そんな英子の自慢の友達は、何でも思った事をはっきり言う美少女のもえ。

見た目も性格も真逆の2人は、お互いに無いものに惹かれ合い、お互いの事を本当に尊敬し合っています。

もえはその見た目からすごくモテますが、
私と付き合うって事は英子とも付き合うって事だから、それでもいいなら…といつも振っていました。

そんなもえが、ある日、英子に彼氏が出来たと伝えます。

びっくりする英子ですが、もえが決めた相手なら間違いないと喜んで祝福します。
もえの彼氏は土田(つちだ)くんといって、とても穏やかで優しそうな人。英子も好感を持ちます。

もえに彼氏が出来たからといって、2人の生活は変わりませんでした。
もえと付き合うということは英子と付き合うということ。土田くんはこれを忠実に守っていました。

しかし英子は、自分がやっぱり2人の仲を邪魔しているのではないかと思いはじめて…。

以上、ざっくりとしたあらすじでした!

友だちの話のおすすめ度

おすすめ度:

すごくすごく胸に響き、何度も読み返してしまいます。

映画化された「青空エール」の作者・河合和音先生の原作に、山川あいじ先生の繊細で綺麗な絵が見事に調和されていて、大切な1冊として常に持ち歩いて読みたい漫画です。

こちらの漫画は1巻で完結です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です