胸が鳴るのは君のせい♪ネタバレなし!届け、痛いほど切ない一途な想い!

今回、ご紹介する漫画は、紺野りさ先生の胸が鳴るのは君のせいです。
全5巻で完結です。

胸が鳴るのは君のせい

この漫画の1巻の表紙には、主人公ではなく、主人公の片想いの相手である男の子が描かれています。
理由は、紺野りさ先生の担当さんが、先生の描く男の子の顔を推してくれているからだそうです。

絵がとてもきれいな上に、イケメン男子が単独で1巻の表紙になっていたら…。
私にとっては、気になって手に取るには十分な要素でした(笑)

ストーリーはよくある学園恋愛ものですが、見事に作品の世界に引き込まれ、全巻を購入した作品です。

胸が鳴るのは君のせいってどんな漫画?

主人公の恋愛を描いたスタンダードな少女漫画です。

ありきたりな展開なのに、ついつい目が離せなくなってしまうのが、この作品の魅力でしょうか。片想い中の女の子のいろいろな気持ちが痛いほど伝わってきて、何度読んでも胸キュンです。

そしてもう一つの魅力といえば、お相手の男の子・有馬(ありま)がとってもカッコいいことです。

普段はちょっと意地悪っぽい事を言ったりもする有馬だけど、実はさりげなく優しくて、いつも主人公を助けてくれる頼もしい存在
主人公が恋をしたのも納得の男の子なんです。

そんな有馬に対する主人公のまっすぐで一生懸命な恋は、きっと読者の心を掴んで離しません。

主人公と一緒に青春を楽しめる漫画です。

胸が鳴るのは君のせいの感想は?読むとどうなる?

有馬の表情や仕草に、主人公と一緒にきゅ~んとしてしまいます。

主人公と有馬の微妙な距離がドキドキ感を煽り、早く続きが読みたい!と思わせてくれます。

その微妙な関係がラストの展開をさらに盛り上げてくれて、読み終わったあとも、しばらくはボーっと余韻に浸れます(笑)

最後まで目が離せないドキドキの恋のお話をお楽しみください♪

胸が鳴るのは君のせいのざっくりしたあらすじ

胸が鳴るのは君のせい

主人公の篠原つかさ(しのはら つかさ)は、高校受験を間近に控えた中学3年生の女の子。
同じクラスの有馬隼人(ありま はやと)に絶賛片想い中です。

有馬は中2の時に転校してきて、当時学級委員だったつかさと隣の席になります。
その転校初日に、「つかさ」という名前を笑顔でほめてくれた有馬に、つかさはドキッとします。

以前、男子に男みたいな名前だとからかわれた経験があり、密かにコンプレックスを抱いていたつかさ。そのため、有馬の反応はとても新鮮だったのです。

そこから、つかさが有馬と親しくなるのに時間はかからず、中3になっても、そんな2人の関係は変わらず続いていました。

まわりから見ても、有馬にとってつかさは一番近い女の子。
友達からは「絶対両想いだって!卒業前に告っちゃえ」と言われ、つかさは告白を意識します。

志望高校を聞いてもはぐらかして教えてくれない有馬に、学校が離れたら一緒にいられなくなる…と思ったつかさは、後悔はしたくないと告白を決意します。

卒業式を2週間後に控えたある日、偶然教室で有馬と2人きりになったつかさは、思い切って自分の想いを伝えます。

ところが、有馬から返ってきたのは「ごめん」という意外な言葉でした。

つかさはショックを受けますが、まだあきらめないと有馬に宣言。
そんなつかさに、有馬は春から同じ高校だと伝えます。

つかさの恋はここからが本番!有馬と一緒の高校生活が始まります。

以上、ざっくりとしたあらすじでした!

胸が鳴るのは君のせいのおすすめ度

おすすめ度:

これぞ青春!な、つかさと有馬の恋は、ドキドキが冷めないうちに一気に読んでしまうのがおすすめです☆
全5巻で完結なので、ぜひ時間のある時に読んでみてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です