修羅の刻!格闘好きで歴史好きな人におすすめ

今回おすすめする漫画は、前回ご紹介しました、

おすすめの格闘バトル漫画「修羅の門」

の番外編である、
川原正敏先生の「修羅の刻(しゅらのとき)」です。

修羅の刻


格闘好きな人だけでなく、歴史好きな人も、
楽しめる漫画です。

修羅の門は、ずっと格闘が続きますが、
こちらは物語としても面白いので、女性も楽しめると思いますよ^^

「修羅の刻」ってどんな漫画?

この漫画は、修羅の門の主人公である、陸奥九十九の
ご先祖様たちのお話になります。

全15巻(文庫だと9巻)ですが、1~3巻単位で、
それぞれ主人公が代わります。

このご先祖様たちですが、
当然「陸奥圓明流」の使い手です。

やはり、

鬼のように強いです( ´∀`)


そして、この漫画のテーマとして、
歴史上の有名な人物の、すぐそばに陸奥がいた、という設定があります。


歴史上、少し不自然な部分に、
陸奥の活躍を、はめ込んでいるような感じです。


例えば、

  • 源義経
  • 織田信長
  • 坂本龍馬


などが出てきます。

とても魅力的に描かれているので、圓明流ファンはもちろん、
歴史好きの方も楽しめますよ!


また、本編の「修羅の門」とも絶妙に
リンクしているのも面白いですね。


そして何より、陸奥にはイイ人が多い(^▽^)

皆、人を殺す技だの、
俺は修羅だの、なんだか怖いことを言いながらも、

すごく優しいんです( ´∀`)

自分を犠牲にしてでも、仲間を守ろうとします。


格闘に目がいきがちですが、
物語として切なかったり、悲しかったり・・・

4巻なんてマジ泣きしました(;∀;)


川原正敏先生は、本当に凄いですね。

おすすめ度

おすすめ度:

だいたいが1巻~3巻で完結する、読み切りタイプです。

格闘と歴史好きならぜひ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です