四月は君の嘘(漫画)♪ネタバレなし!音楽と恋の青春ストーリー♪

今回、ご紹介する漫画は、新川直司(あらかわなおし)先生の四月は君の嘘です。

こちらの漫画は、全11巻で完結です。

四月は君の嘘

四月は君の嘘ってどんな漫画?

天才ピアニスト有馬公生(ありまこうせい)と、天才ヴァイオリニスト宮園かをり(みやぞのかをり)の切なく胸を打つ青春を描いたストーリーです。

クラッシックを聴かない人でも、このストーリーの表現に深く深く引き込まれ、まるで音が漫画の中から聴こえてくるような錯覚に陥ります。

また、母親の死という人生において衝撃的な出来事を、主人公が音楽を通して乗り越えていく様子もこの漫画の核になっていて、作者の伝えたい意図を読み取る事が出来ます。

音楽は言葉を超え想いを伝える事が出来る。

人間の儚さや強さ、音楽の素晴らしさを描いた漫画です。

四月は君の嘘の感想は?読むとどうなる?

読み終わったあと、何か大切な物を教わった気持ちになります。

乾いた砂漠に雨が降り水がじんわりと染み込んでいくような、ゆっくりと浸透していくような、後から後から登場人物の想いが湧き出てきて、心が豊かになったと感じる事ができます。

出会いが始まりでお別れは終わりではない、姿カタチが無くなったとしても想いは残る、心に生き続けると思わずにはいられない気持ちになります。

そして音楽の表現力も素晴らしくクラッシックを普段聴かない人でも、あのシーンのあの曲を聴いてみたいなと思ってしまうほど、この漫画の魅力に引き込まれていく事でしょう。

四月は君の嘘のざっくりしたあらすじ

四月は君の嘘

ピアノコンクールを総なめにし、最年少優勝を果たし天才と呼ばれていた有馬公正は、
11歳の秋、母の死をきっかけにピアノが弾けなくなりました。

それから時は経ち中学3年になった公正。
幼馴染の椿(つばき)は公正がいつかピアノを弾いてくれたらいいなと思いながら、いつもと変わらず公正のそばに居ました。

そんな2人と小学生の時から仲が良い渡亮太(わたりりょうた)も公正を見守っている友人の一人。

椿はソフトボール、渡はサッカーと打ち込めるものがあり、公正は2人の目には風景がカラフルに見えているんだろうと思っています。

公正はピアノが弾けなくなった日から、風景がモノトーンに見えていました。
譜面の様に、銀盤の鍵盤の様に、硬く暗く…。

そんなある日、椿に誘われて待ち合わせ場所に向かった公正は、子供達と混ざってピアニカを吹いている少女と出会います。
あまりにも楽しそうな光景に引き込まれ、ついその場面を携帯カメラで撮ろうとしました。

公正に少女が気付き、盗撮魔と言って襲いかかります。

誤解だと言って揉み合う2人のところへ、遅れて椿と渡がやってきます。

渡の事を紹介してほしいと頼んだ少女が、ピアニカを吹いていた宮園かをりでした。
その後4人は仲を深めていき、かをりといることで公正は輝きを取り戻し、景色がカラフルに見えてきます。

そして遂にはピアノが弾けるようになるのですが、かをりを蝕む病魔が2人の関係を阻んでいきます

少女がついた嘘が公正に届く時には…。

以上、ざっくりとしたあらすじでした!

四月は君の嘘のおすすめ度

おすすめ度:

アニメでも人気のこの作品。まだ成長の途中ながら、天才と呼ばれる事で果てしない重荷と母の影を背負ってしまった少年と、ただ大好きな音楽と共に生きたい少女の儚くて力強い内容です。

生きるってどういう事なのか問わずにはいられなくなります。
大人から子供まで、男女問わず是非一度は読んでもらいたい作品です。

全11巻で完結です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です