デスノート!漫画で頭脳戦が見たいなら超おすすめ!

今回おすすめする漫画は、原作:大場つぐみ先生、作画:小畑健先生の
デスノートです。

デスノート1


この漫画を読み始めて思ったことは、
ああ、天才って本当にいるんだな・・・でした。

漫画の登場人物のことではなくて、原作者の大場つぐみ先生のことです。


こんなに、ハイレベルな頭脳戦を繰り広げる漫画は、
私は他に知りません。

もちろん超面白い

こんなお話を考え付く、大場先生は、まさに天才ですね。

ラッキーマンの時とは、本当に別人のようです(^^;
(あ、一応別人ですよね)

デスノートってどんな漫画?

デスノートはその名の通り、名前を書かれた人が死んでしまう
こわ~い、死神のノートです。

そのデスノートを、持ち主である死神リュークが、
人間に持たせてみたら、どうなるのかな?

という気まぐれから、主人公:夜神月(やがみ らいと)に
デスノートを貸したところがスタートです。

凄いモノを人間に渡したわけで、

リューク、適当すぎです( ̄▽ ̄)


さらに、月(ライト)も、そのデスノートを使って、
自分の正義を実現します。

自他ともに認める、優秀な高校生(全国模試トップ)である月です。

もう、ノリノリでデスノートを使います( ̄▽ ̄)


月の正義とは、悪人を殺すこと

とても少年ジャンプに載ったとは思えない漫画ですね(^^;


当然悪人とはいえ、殺人となるわけで、警察も捜査します。

でも、死神のノートを使ってのことですし、
さらに、優秀な月が捕まるわけが、ありません。


そこで、世界の警察を動かすほどの権限を持ち、
どんな難事件も解決してしまう、謎の探偵L(エル)が登場します。


このエルも、変わり者ですが、超天才


2人の高度な、予想裏切られまくりの頭脳戦が始まります。

見どころ

何といっても、月とLの頭脳戦が一番の見どころです。

推理ものや知的なものが好きな方は、めちゃくちゃハマるでしょう。

ずーーーーーっと、ハラハラできます^^


あと、最初の頃の月は、可愛い顔をしています。

年上のお姉さんに好かれそうな。

それが、後半はよくもここまで・・・

といえるくらい、悪い顔(ニヤリ顔)が似合うようになってきます(^_^;

そこも見比べると、面白いですよ。

おすすめ度

おすすめ度:


累計発行部数3,000万部突破は、納得でした!

超面白い漫画です^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です