日々蝶々♪ネタバレなし!純粋な恋に心もポカポカ♪

今回、ご紹介する漫画は、森下suu先生の日々蝶々です。

こちらの漫画は完結していて、全12巻です。

日々蝶々

日々蝶々ってどんな漫画?

王道恋愛ストーリーの超絶級漫画です。
とにかく乙女が夢見ちゃうようなストーリーになっています。

主人公の芝石すいれん(しばぜき すいれん)が超絶美少女で、自分に置き換えて読むと夢心地になれます。
そして相手役の川澄(かわすみ)も、今時化石でしょ!?ってくらい硬派でかっこいいし、可愛い男に仕上がっています。

現実にはいなさそうだからこそ、妄想の世界で楽しめます。

日々蝶々の感想は?読むとどうなる?

王道ラブストーリーだからこそ、すいれんと川澄のほんの些細な出来事も細かく描写してあり、その時その時の2人の心情がしっかり汲み取れて読み手のストレスが少ないです。

お互い好きなんだからそこでこうしなよ~!とか思いながら、でもすいれんと川澄だしなぁ、そうなるよね。みたいな自分の中の心の劇場が繰り広げられます(笑)

読んでいくと、すいれんと川澄のまっさらで純粋な心に、自分の心もポカポカしてきます。

初めて人を好きになるという事を、2人を通して思い出す感覚になります。

日々蝶々のざっくりしたあらすじ

日々蝶々

高校の入学式、校舎で一際目を惹く女性がいました。

彼女の名は芝石すいれん。あまりの美しさに誰もが振り返らずにはいられません。
しかし、すいれんは極度の男性恐怖症でした…。

すいれんはその美貌のせいで、小さい頃から好意を持たれ、人付き合いが苦手になり男子を避けてあまり喋らなくなってしまいました。
しかし、高校は共学を選び自分を変えようとするすいれん。

そんなすいれんに、登校中、鞄を持ってあげるよと上級生が絡んできます。
困っているすいれんとしつこく話しかける上級生。

そこへ部活中の朝練をしていた川澄が助けに入ってくれます。
川澄はすいれんを助けた後、すいれんには目もくれず去っていきました。

いつもの男子の反応とは違う川澄にすいれんは珍しく川澄の事が気になってしまいます。

それからというもの、教室や廊下で川澄を見かける度に目で追ってしまうすいれん。
そして何かとすいれんは川澄に話しかけようとしたり、空手の練習を見に行ったりします。

そんなすいれんの態度に鈍感な川澄も何かあるのかもと気づき始めて…。

初めての恋に戸惑いながらも川澄に近づこうとするすいれん。

そんなすいれんを川澄もまた気にはなるのですが、硬派で女の子に免疫のない川澄は少しずつですが、受け入れながらすいれんとの距離を縮めていきます。

日々の小さな小さな出来事を乗り越えながら2人の純愛はどう変化していくのか?

先が気になって仕方ありません!

日々蝶々のおすすめ度

おすすめ度:

心穏やかに、これから秋の夜長にかけて、部屋でまったりしながら読んでいただくのにお勧めです。

ゆっくり何度も読み返してもらうと、色々な目線から想いの形が見えて、何度でも楽しめる内容になっています。

恋に疲れてしまった大人女子の心の処方箋にもなるのではないでしょうか!

こちらの漫画は完結していて、全12巻です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です