山田太郎ものがたり(漫画)♪ネタバレなし!唯一の欠点はド貧乏!?

今回、ご紹介する漫画は、森永あい先生の山田太郎ものがたりです。
全14巻で完結です。

この漫画を最初に知った時、古風でシンプルなタイトルがすごく印象的でした。
少女漫画なのに…このタイトルを見たらどんな内容なのか気になりますよね。

さらに表紙には、2人のイケメン男子。
読んでみたら、がっつりハマってしまった作品です。

山田太郎ものがたりってどんな漫画?

これはもう面白い!の一言に尽きます。
ストーリー設定はもちろん、主人公をはじめ個性的すぎる登場人物たちがいつも笑わせてくれます。

成績優秀・眉目秀麗・スポーツ万能で人気者と非の打ちどころのない主人公ですが、実は超がつくほどの貧乏!本人はその貧乏という事実を隠しているわけではないのに、まわりは勝手に良家のお坊ちゃまだと思っています。

そもそもド貧乏の原因とも言える世間離れした両親と、6人の弟や妹たち(途中で三つ子が産まれて9人になる)に囲まれながら奮闘する主人公の日常を、おもしろおかしく描いています。

唯一、貧乏だという真実を知っているのは、同じクラスの親友だけ。

その親友もかなりのイケメンで、正真正銘のお坊ちゃまです。主人公の貧乏がバレたらつまらないという理由から、いつも主人公を助けてくれるなかなかの強者です。

この親友が主人公の天然でおもしろいキャラを引き立たせてくれ、この作品には欠かせないは人物です。

主人公と親友。名コンビとして活躍する2人にも注目して、この漫画をお楽しみください!

山田太郎ものがたりの感想は?読むとどうなる?

とにかく笑えるストーリーが満載です。
何度もくり返し読んで、ストーリーが分かっているはずなのに、ついつい笑ってしまいます。

そして何度読んでも飽きません!

男女関係なく楽しめるので、ぜひたくさんの人に知ってほしい漫画です。

どんな事が起きても乗り越えていく強運の持ち主・主人公の、笑いだらけ(本人は至って大真面目)の日常を、思う存分お楽しみください^^

山田太郎ものがたりのざっくりしたあらすじ

山田太郎(やまだ たろう)は、名門高校に通う1年生。成績優秀・眉目秀麗・スポーツ万能で人気者の特待生ですが、そんな彼の唯一の欠点はド貧乏なこと。

父は放浪癖のある売れない画家であまり家におらず、母は金銭感覚がズレてる世間知らずのお嬢様育ち。
幼い弟や妹が6人(途中で三つ子が生まれて9人になります)という大家族です。

晩ごはんは、太郎が学校の女子からもらったお弁当や、弟や妹たちがもらってきた給食の残りもの。ホットケーキを作ればクレープのように薄いものしかできず、いつもギリギリの生活をしていました。

太郎は世間離れした両親にかわって日々アルバイトに励み、幼い弟や妹たちの面倒をみる苦労人なんです。
そのため、1km離れた場所にいても小銭の音が分かるという特技を持っています。

太郎は貧乏を隠しているわけではないのに、その人柄からか、まわりのみんなは太郎を裕福な家で育ったお坊ちゃまだと信じて疑いません。

唯一知っているのは、親友の御村託也(みむら たくや)だけ。託也は由緒ある茶道の家元の跡取りで、正真正銘のお坊ちゃまです。
まわりに太郎の貧乏がバレたらつまらないという理由で、何かと太郎を助けてくれるありがたい存在です。

物語は、ある日太郎が、家の前で見ず知らずの女子生徒から封筒と小麦粉をもらう所から始まります。その封筒の中には100万という大金が入っていました。

それをきっかけに、ある事件に巻き込まれてしまう太郎と託也。
事件というと深刻な場面を想像するかもしれませんが、太郎がいればそれもすべて笑いになるのです。

こうして日常に起こる出来事を笑いに変えながら、ストーリーが展開していきます。

以上、ざっくりとしたあらすじでした!

山田太郎ものがたりのおすすめ度

おすすめ度:

笑いたい時には絶対的におすすめです。
この漫画は1話ずつ完結して進んでいくので、毎日少しずつ読んで楽しむのもいいと思います。

全14巻なので、思う存分おもしろさを味わってください♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です