ファンタジー漫画でおすすめ!剣も魔法も出てこない!?

狼と香辛料


今回おすすめする漫画は、

原作:支倉凍砂先生、
漫画:小梅けいと先生の「狼と香辛料」です。

ライトノベル(全17巻)が原作の、漫画版になります。

狼と香辛料とは?

舞台は、中世のヨーロッパのような感じの
架空の世界です。

まだ、神様や悪魔を本気で信じている世界観。

漫画のジャンルは、ファンタジーなんですが、
剣や魔法で戦ったり、といったことはありません。

じゃあ、何で闘うのか?

代わりに頭を使います(^▽^)

主人公が、(まあまあ)イケメン商人のロレンスで、
いかに儲けを出すか?が、テーマです。

変わったファンタジーですよね~^^

そして、様々な難題が起きるのですが、
ひょんなことから一緒に旅することになった、相方がいます。

それが、麦の神様である、
ホロ(超絶可愛い美少女で、正体は巨大な狼)です。

何百年も生きている神様なので、とても賢く、
このホロに手伝ってもらいながら、問題を解決していく、

というストーリーです。

この解決方法が、
毎回あっとおどろく賢い内容なので、とても面白いんですよ(#^.^#)


そして、ホロは数百年前に旅立ったものの、
今はどうなっているか、検討もつかない故郷ヨイツを、
ロレンスと一緒に目指します。

しかし、ヨイツに到着すると、二人の旅が終わることも意味します。

それを、心の中では嫌がる2人は、
何やかやと理由を付けて、遠回りをしようとします( ´∀`)

そんな2人の恋の行方も、見どころですよ。

原作はライトノベル

この漫画は、元々はライトノベルで、
全17巻の小説を原作として書かれています。

(ちなみにこちらも面白いです。
 長さが気にならないくらい、すいすい読めます)

普通、小説を漫画にするのって、難しいのか、
世界観や登場人物などが微妙に違うことが多いのですが、

この漫画は違います( ̄ー ̄)ニヤリッ

めっっっっっっちゃ、
原作に忠実です。

しかも、ここが大事なんですが、

絵がライトノベル版よりうまいんです。

ホロの可愛さといったら本当に神( ´∀`)

背景も、登場人物も、世界観全てが
ハイクオリティです。


漫画を描かれている小梅けいと先生、画力だけでなく、
ここまで忠実に世界観を再現するなんて、本当に凄い。

文句なしにおすすめです!!

おすすめ度

おすすめ度:

神様なのですが、妙に人間くさいホロの可愛さや、
精一杯頑張って、ホロを見返してやろうとする、ロレンスの
二人のやりとりが見どころの、超おすすめ漫画です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です